第38回寺泊シーサイドマラソン

大会の特徴・寺泊の魅力

交通規制を見直してゆったりコースを確保します。
事前送付物に同封の「お楽しみクーポン付き、観光・
ランニングマップ」でいろいろなサービスがご利用いた
だけます。秋の寺泊を見て、食べて、感じて満喫ください!!
寺泊宿泊業組合が特典をご用意!
宿泊をお待ちしております。
各ホテル、旅館、民宿により特典が異なります。
大会オフィシャルホームページで詳細をチェック!
宿泊者特典一覧

参加案内、ナンバーカード、
ランナーズチップ(記録計測チップ)を
事前に送付します。コースや注意事項などもお知らせします。

ゲストランナーはエリック・ワイナイナさんと尾崎好美さん!

ゲストランナーエリック・ワイナイナさん

1993年高校卒業後、単身ケニアから来日。コニカ陸上競技部に所属し(2006年3月まで)、1994年北海道マラソンでいきなり初マラソン初優勝を飾り一躍注目される。1996年アトランタ五輪で銅メダル、2000年シドニー五輪で銀メダルの偉業を達成。3大会連続出場となったアテネ五輪でも7位入賞の実力を見せ、更には2010年サロマ湖100kmウルトラマラソンで優勝。現在は招待選手・ゲストランナーとして国内・海外問わず数々の会に出場。
またトークショーやランニング教室を行いながら子どもたちに夢を持つことの大切さや、スポーツの素晴しさを伝えている。好物はどんぶり物というくらい日本での生活に溶け込み「日本が第二の故郷」。好きな言葉は「Never give up」。

ゲストランナー尾崎好美さん
2000年に第一生命に入社。女子陸上競技部に入部。入社後、主にトラック競技や駅伝に出場。2008年名古屋国際女子マラソンでマラソンデビュー。2回目のマラソンとなる東京国際女子マラソンで初優勝し、ベルリン世界陸上の代表に内定。本番では銀メダルを獲得する活躍をみせた。その後、国内のマラソンやテグ世界陸上などに出場し、2012年3月の名古屋ウィメンズマラソンでは日本人1位となりロンドンオリンピックの代表に選出され出場。2013年2月の東京マラソンを最後に競技の第一線から退いた。
現在は東京に在住しながら、全国の大会にゲストランナーとして参加したりランニング教室を行ったりするなど、全国で活動している。

日本海を楽しめるコース

気持ちのよい潮風と沿道からの声援を背に受け、日本海を満喫できる海岸沿いを駆け抜けてください。

ランナーをサポート

喉を潤すスペシャルドリンクのテーブルを設置。
地域住民によるエイドの設置もあります。
沿道からの「がんばれ〜!」の声援が疲れた体を後押しします。

お楽しみ大抽選会!

地元名産品が当たる大抽選会を、ゲストランナーと一緒にお楽しみください。

番屋汁・レモン水の無料サービス!

旬の野菜とカニ、魚を味噌仕立てでいただく漁師料理「番屋汁」をご賞味ください。

ハーフでは10km地点でタイムを測定し、完走証に印字!

各種目ごとに1km毎の距離を表示します。
自己の新記録に挑戦もよし、これからのランナー人生に記録を残すもよし!

遠方からの皆様をサポートします!

有料 ヤマト運輸手荷物一時預かりサービス
車のキーなどの小物から大きなスーツケースまで500円(ワンコイン)でお預かりします。
“手ぶらマラソン”でランナーをサポート!帰りの荷物の宅急便発送もできます。
手荷物お預かりサービスについての詳細はこちら

無料 貸切バス送迎サービス
寺泊駅発
7:10、7:30、8:00
寺泊みなと公園発
12:10、12:40
※エントリー時に申し込みが必要です
JR越後線 時刻表(抜粋)と貸切送迎バス時刻表もご覧いただけます。
時刻表はこちら

寺泊の魅力

見て、観て、そして、食べて美味しい寺泊


日本海の夕日
日本海に沈む"夕日"は絶景です!
寺泊港の中央にある緑に囲まれた公園『みなと公園』、魚の市場通り前方にある『中央海浜公園』などの海岸付近から見る夕日はいつもより大きく感じられます。また、高台にある『弥彦山スカイライン』では眼下に広がる日本海とともに眺められます。


魚の市場通り
寺泊名物!美味しい通り"魚の市場通り"
賑わいをみせる国道沿いにはイキの良さと安さが売りのお店が立ち並んでいます。店内には、新鮮な海の幸と旬の味がいっぱいです。ぜひ、名物イカの浜焼きをほお張りながら湊町を満喫してください。


寺泊水族博物館
海に浮かぶ白い館『寺泊水族博物館』
館内の世界中の生き物だけではなく、カモメやウミネコ、色とりどりの小魚など自然のままの生き物を楽しめるのは、海に囲まれた水族館ならでは。天気の良い日には能登半島や佐渡島を臨める絶景スポットでもあります。


聚感園
寺泊の歴史を感じる史跡めぐり
北越地方の豪族五十嵐氏の邸宅跡を史跡公園にした『聚感園(しゅうかんえん)』をはじめ、その付近には数多くの史跡が点在しています。歴史を感じる散策はいかがでしょうか。


寺泊観光協会ホームページへ